デザインの特徴

内部SEO対策済み!サイトの上位表示を後押しします

私はこれまで「アフィリエイト」「マイネオ」のようなビッグワードを始め、さまざまなキーワードで上位表示をしてきました。

そのSEO対策における経験を生かして、このデザインには内部SEO対策をすでに施しています。

うさぎさん
内部SEO対策??
吉井奈々
サイト内部を整備して、検索順位を上げようとする試みのことだよ!

内部SEO対策というのは、サイトの内部を整備することで「Googleにとってもユーザーにとっても理解しやすい構造にして、上位表示を狙う」ということです。

Googleがクロールしやすい

これは基本中の基本ですが「パンくずリスト」や「メニュー」を始めとしたGoogleに構造を伝えるための仕組みももちろん採用しています。

検索エンジンにサイトをインデックスするのは「クローラー」というロボットの役目ですが、そのクローラーがサイト内を巡回しやすくしておく準備が必要です。

そういった準備は本テーマにはすでに施されているということですね。

ユーザーが使いやすいUIを追求

2017年以降はユーザー体験(UX)がSEOにおいて大きな比重を占めるようになってきました。

ユーザーにとって役に立つサイトが相対的に評価され、ライバルのサイトを抜いていくという傾向になってきたということです。その流れは2018年以降も確実に続いていくでしょう。

そのため、本テーマは「ユーザーが読み進めたくなるUI(ユーザーインターフェース)」を追求し、SEOにおける上位表示を後押しできるように作成しました。

  1. 表示速度が速い
  2. 読み心地がいいデザイン
  3. 役割を理解しやすいブログパーツ
  4. アクションしたくなる仕組み

このように、ユーザーにとっての心地よさ・使いやすさを徹底的に追求しました。

内部SEO対策のためのツールが充実

ここまで内部SEO対策について語ってきましたが、最大の内部SEO対策は「ユーザーの役に立つ記事を提供すること」です。

いくらデザインが美しくて使いやすくても、肝心の記事がユーザーに読みづらければ離脱されてしまいます。ユーザーにとって役立つコンテンツとは成り得ません。

そこで、このデザインには記事をよりわかりやすく仕上げるためのエディター機能が多数備わっています。

これらをうまく活用することで、よりわかりやすい記事に仕上げることが可能になります。

もちろん、これらの機能も初心者さんでも使いやすいように工夫をしていますので、誰でも簡単に質の高いコンテンツ作りができるようになります。

まとめ

このように、このデザインには私がこれまで培ってきたSEO対策のノウハウを集約しています。

うさぎさん
じゃあ、このデザインにすれば順位が上がるんだな!?
吉井奈々
それは保証できないけど、その後押しをできるテーマではあると思うよ!

SEO対策はコンテンツ次第なので「このデザインを採用することで順位があがる!」というわけでもありませんが、そのお手伝いはできるテーマに仕上がっている自負はあります。

内部SEO対策を後押しするための装備はすべて用意しているので、ぜひこれらを活用して検索順位の向上に役立てていただけると幸いです。